プロバイダの金銭的負担が減る?

プロバイダの金銭的負担が減るといわれて、今のプロバイダに変更したのですが、間違いだったと思っています。
確かに、金額はかなりサイフに優しい価格でした。
しかし、ネット接続の不具合が頻繁に起こったり、回線速度が低下してしまったりで、前のプロバイダの方が断然ストレスが溜まりませんでした。
安易にプロバイダ変更をしてしまったなと、悔やむ気持ちです。
プロバイダの速さに関してですが、大方の人はインターネットを使用しての閲覧、データをダウンロードしたりといったことで主に使用していると思いますので、下り速度の方が重要なのではと思うのです。
ネット上でのHP閲覧程度であれば、そこまでの速いスピードじゃなくてもまず問題なく使えると思います。
もうすでにかなり長いことネットを使用しています。
光回線の会社もいろいろと変えたりとしていくつかの会社を使ってきました。
今までに光回線を使用して通信速度を遅く感じたことは一度もありませんでした。
動画の視聴も快適で、他の回線にもう戻ることはないと思っています。
光回線を使用しているのならIP電話を試してみると安くつくし、便利です。
ネットの回線を活用するので、一般電話と同じように音声データを幾度も交換機から中継しなくてもよいのです。
そのため、電話料金がすごく安くなり、プロバイダにより、異なりますが、月額の基本料金が普通よりも安価になる場合がほとんどのことが多いです。
私の住居はおしくもwimaxのエリア外です。
wimaxは外でも使えるし、動画で楽しむのにも余裕で満足できる速度なので、希望するなら使用したいのです。
住所を移す予定はないため、一日も早く、エリアが広がってくれることを心から願っています。

プロバイダーのADSLと光の違いとは?【通信の安定性・料金比較】